ジオライフ サイトロゴ

www.GeoLife.jp


国産ハチミツと自然食品のショッピングサイト「ジオライフ」
    〜養蜂家がめぐる食と風土の旅〜

                        クレジットカード種類


   みつばちTimes
   みみより
   みみよりアーカイブ
   このサイトについて
   Blog
(みつばちプロジェクト)
 ガラムマサラ(静岡県伊東市)  
   〜伊豆高原で味わう大人のスパイシーカレー〜

【お店の基本データ】

〒413-0234
静岡県伊東市池893-130
TEL:0557-53-5566
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:20)
     17:00~20:00(L.O.19:20)
定休日:月・火曜日(祝日の場合、昼のみ営業)
伊豆急行線 伊豆高原駅からタクシー5分
Web:http://www.neoplan.jp/garam/index.html
看板猫のBlog:http://garammasara.i-ra.jp/

ガラムマサラ1

伊豆高原で20年。遠方、地元にかかわらずリピーターも多く、お客さんに支持されているのがわかります。

ガラムマサラ7

色も味わいも独特のエビカレー。どのカレーにも自家製のヨーグルトがサービスで付きます。

2017年2月23日up

 5種類のカレーからどれを選ぶか悩んだ末、今回はエビを注文。

  エビのカレーは、ルーがグリーンがかった独特の色合いです。まずルーだけを味わうと、エビのダシが効いているのでしょうか、とてもオリジナルな味わい。自然な甘みも感じます。ごはんにかけて、どんどん食べ進むと、後半に辛みがじわりじわりと攻めてきました。

 食後にはコーヒを頂きました。フレンチタイプのコーヒーが、カレーの辛さを丸く包み込んでくれて、満足感とともに、体に染みわたります。

2017年2月23日up

 久しぶりの訪問。店内には、大きな窓から冬のやさしい日差しが差し込んでいました。

  開放感あふれる窓からは、小鳥のエサ台が見えます。メジロやシジュウカラなど、ひっきりなしに飛んでくる小鳥の姿が、ほほえましい。時々、リスの姿も。

 カレーを待つ間、食べている間、食後のコーヒーと、伊豆高原の自然とともにおだやかな時間が流れます。

ガラムマサラ6

冬でも明るい店内。窓から眺める季節の移ろいも楽しみのひとつ。

ガラムマサラ5

どのカレーにするか考えている時間…、とても幸せな時間。

2014年1月19日up

 店内には、重量感あるテーブルが並び、ゆったりと食事の時間を楽しめます。テーブルの間隔にゆとりがあるのもうれしいところ。

 メニューの基本は、ビーフ、エビ、チキン、キノコ、のんから(マイルド)ビーフという5種類のカレー(1,050円〜1,500円)です。

  サラダやタコのマリネなどのサイドディッシュもあるので、しばらくビールやワインを楽しんだ後、最後にカレーを注文、というのも手。

  ごはんの量は、大盛(100円増)、小盛(50円引)という調整ができます。

2014年1月19日up

 スパイシーなカレーを食べた後のお楽しみのひとつは、桜の葉が入った自家製のフローズンヨーグルト。 桜葉の香り、ヨーグルトの酸味がさわやかなアイスが、ほてった口の中を心地よくクールダウンしてくれます。

 もうひとつのスイーツであるスパイスケーキも、他では食べられないと、ひそかに人気。どちらにするか迷いますね。

 コーヒーは、カレーに合うようにと選ばれたフレンチタイプのコーヒー。一杯ずつドリップで淹れてくれます。

ガラムマサラ4

桜の葉が香る自家製のフローズンヨーグルト。カレーの後にぴったり。

ガラムマサラ3

野菜や果物の甘みを生かした、伊豆牛のビーフカレー。カレーには自家製のヨーグルトがサービスで付きます。

2014年1月19日up

  1種類ずつ丁寧に仕込むカレーは、日本人の味覚に合わせたオリジナルなカレーで、スパイシーな本格派。小麦粉や砂糖、化学調味料は一切使っていません。

 5種類あるカレーは、すべて、スパイスの配合やスープストックが違います。色も香りも違います。ひとつ食べたら、必ずや別のカレーも食べてみたくなることでしょう。

 スパイスの配合が決まっているので、後からスパイスを足して辛さの調整をすることはできませんが、 カレーによって、ストレートな辛さ、じわじわくる辛さなど、辛さの感じ方が違うのもおもしろい…。

2014年1月19日up

 伊豆高原の駅から、まっすぐな桜並木の上り坂が2kmくらい続いています。その上り坂の中ほどにある四つ角を左折。その道がまた桜並木となっていて、そのまま並木道を進むと、左手にお店が見えてきます。

  急坂はあるものの、足に自信のある方なら、駅から30分ほど歩いてゆくことも可能。季節によっては、桜のトンネル、新緑のトンネルを満喫できます。

 もちろん駐車場もありますので、お車でもどうぞ。

ガラムマサラ2

伊豆高原の駅から、桜並木をたどっていくと着きます。夜の雰囲気もまたおすすめ。メニューも昼夜同じです。


 2004年〜2012年制作の記事はこちら → みみよりアーカイブ

  ▲このページのTOPへ

 

Copyright©Yuji Kawasumi ALL Rights Reserved   email : eshop@geolife.jp